読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むずかしいことはわかりません

いろいろ書いてるみたいな

mixiアプリ

mixiアプリに対する口コミのすごさと対応の難しさを非常に感じた事例。

mixiアプリが正式公開されてから、少し経ちますね。
色々と試している中にみんなの農場というアプリがあります。

自分用の菜園を持って、そこに種を植えて作物を作り売ってお金にする。単純にこれを繰り返すアプリです。
ただ、そこはSNSに組み込むアプリということで、近しい仲間の菜園を回って、水をやったり雑草を抜いたり、虫退治、代わりに収穫という相手が見てない時間に世話ができるというものなんです。

そうなると、やっぱり友達と一緒にやりたいということで人が人を呼び、ユーザー数はいつの間にやら10万を超えて、今の時点で219819人。

詳しい経緯はわかりませんが、当初はmixiアプリ専用に開発されたわけではなくて、自社サイト用で作ったようです。

最初の頃はレスポンスも快適で良かったのですが、あるときを境に遅延が起き、イベント(種まきその他お世話した結果)が反映されなくなり、お金は急に減るわ、種買ったら倍買えちゃうわ、と、なんだかものすごい不安定さがでてきたんです。

サーバーの増強したけど効果なし。
一生懸命対応してるのが見て取れるけど、それを上回る苦情の数と要望の数々。


一旦アプリの内容を書き換えて、知人のお世話機能をとっぱらって、処理中を表す時計を付けて多少のウェイトをかけるようにするなど苦労されているようですけど、どっしり安定するというところには若干不安が残る状態。


このまま良い方へ進むといいなと思っちゃうんですが…。


そんなときに同じようなゲームで元が中国製のサンシャイン牧場っていうのがあるのを知るとそちらに流れる人々。
こちらは、サーバーが元々頑丈なのか、多少の読み込み遅延くらいで済んでいて、同じくらいのユーザー数になっても、これといった目立ったトラブルは自分のところには起きていません。

この差は一体何なんだろうと思いつつ、サーバー/クライアント型のアプリケーション設計の難しさを感じてみたりして。
同時アクセスユーザー数をいくつで想定していたのかわかりませんし想像付きませんが、相当な数の人数が同時にアクセスしてくることを考えて作っておかないと、どこで何が起こるかわからんなーという印象。



負荷テストって、ほんと難しそう。